エレスチャル水晶(ワニ水晶)
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

エレスチャル水晶(ワニ水晶)

エレスチャル水晶。または骸骨水晶やワニ水晶と言われます。
その中に天使が宿っているといわれる水晶。
水晶の中でも特殊な、水晶グループの中でも珍しい成長過程を経ています。
珪酸分の多い溶液環境の中で、短時間で成長しこのような姿になったといわれています。

ごつごつとしたワニのような表面をしているのでワニ水晶とブラジルの人は呼ぶようです。日本名は骸骨水晶。


先端の両方がポイントの形をとる両錐で、柱面が短い結晶が多く見られます。
ごつごつとしており、カテドラル水晶とも似た姿ともいえます。
内部に空洞あり、その中には水や空気などが内包されている場合もあり珍重されます。いくつくかの複数の結晶が結合し、一つの水晶を形成する為、表面がごつごつし、一般的な水晶のポイントがはっきりしてはいません。
ずんぐりむっくりとした姿をしているものが多いです。

小ぶりの手のひらにのるサイズです。

ブラジル産
48×30×21mm 42g

¥ 1,800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。